ヒストリカルデータ

ポートフォリオ企画で使用するヒストリカルデータ

投稿日:

Dukascopyのヒストリカルデータ

今後はポートフォリオ企画で使用するヒストリカルデータを信頼性の高いDukascopyをメインにバックテストを行っていこうかと思っております。
時間に余裕があればFXDDとAlpariとの比較も公開していきます。

USDJPY
GBPJPY
GBPUSD
EURJPY
EURUSD
AUDJPY
AUDUSD
USDCAD

ヒストリカルデータをMT4で使用できるようにする

下記のサイトの「前準備」からを参考にして下さい。

http://autofx-now.com/first-mt4/mt4-histroicaldata

便利ツール

1分足のヒストリーデータからすべての時間足のヒストリーデータを作成
PeriodConverterAllEx

つづいて、MT4にperiod converter ALLを導入します。

「ファイル」→「データフォルダを開く」→「MQL4」→「Scripts」と開き、
デスクトップに保存したPeriodConverterAllExのex4とmq4をScriptsフォルダにコピーします。

これで、MT4にPeriodConverterAllExが導入されました。
MT4にPeriodConverterAllExを導入したら「ファイル → オフラインチャート」を選択します。

オフライン・チャート一覧ウィンドウが表示されたら、バックテストしたい通貨ペアの1分足(例えばEURUSD,M1)を開きましょう。

オフラインチャートが表示されたら、MT4ツールバーの「Navigator」アイコンをクリックして、ナビゲーターウィンドウを表示させます。
MT4のナビゲーターウィンドウの「Scripts」をダブルクリックして「PeriodConverterAllEx」を探し、オフラインチャートが選択されているのを確認して実行します。

スクリプトが動き始めると、ターミナルウィンドウのExpertsタブ(MT4の下の方)に、下から順番に
「period_converter_ALL EURUSD,M1:loaded successfully」
「period_converter_ALL EURUSD,M1:deinitialized」
「period_converter_ALL EURUSD,M1:uninit reason 0」
「period_converter_ALL EURUSD,M1:removed」
のような形で表示され、処理が終了します。

MT4の「ファイル → オフラインチャート」を選択し、オフライン・チャート一覧ウィンドウを表示します。
バックテストしたい通貨ペアのM1以外(M5,M15,M30,H1,H4,Daily,Weekly,Monthly)がM1とだいたい同じくらいの期間でヒストリーデータが作成されたことを確認してください。

-ヒストリカルデータ

執筆者:

関連記事

ポートフォリオ企画で使用するヒストリカルデータ_修正版

Dukascopyのヒストリカルデータ 今後はポートフォリオ企画で使用するヒストリカルデータを信頼性の高いDukascopyをメインにバックテストを行っていこうかと思っております。 ※不整合チャートエ …